晃一の出来るだけMY(毎)日記

ブログトップ | ログイン

第2回みんなで考える協働のまちづくり条例市民会議

c0026558_8155100.jpg2回目となる「みんなで考える協働のまちづくり条例」市民会議が開催されました。

今回から1名参加者が増え、公募による市民会議メンバーは43名になりました。
前回に引き続き、本川祐治郎氏による「会議の進め方講座」から始まり、チームリーダやタイムキーパーなどの役割分担や時間管理の必要性、委員平等の意見集約など「よい会議の進め方」をいくつかの課題を話し合いする中で、実践し学びました。

チームリーダーは進行管理役で選択肢を出しながら委員の意見をまとめていくことが重要であるなど、今後の進め方のポイントを勉強でき、残り28回の市民会議の基礎を学ぶことが出来ました。
その後、「市民の権利・責務」について、他の自治体の条例を参考に、骨子は何か、権利で外せないのは、おもしろいアイデアは…などを一人3点づつ出し合い、まとめてみました。
講義のかいがあって、スムーズな会議進行が出来、次回からの本格的な条例検討作業に大変プラスになった気がしました。
c0026558_8155518.jpg
最後に担当の長澤課長から、良い挨拶があったので、紹介します。
「全国で成功しているイベントはやっている人参加している人が楽しいイベントが成功している。義務感で参加しても意味がない。会議においても今日来てよかったやってよかった会議を目指し、南砺市を作る楽しみを持って進めていただければ、必ず成功します。」

まさにその通り!
by hasunuma1170 | 2010-07-21 21:43