<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 29日

第32回競書大会表彰式 1月29日

井波公民館主催「第32回競書大会」の表彰式が文化センターで行われました。
c0026558_10251996.jpg井波町時代は、町民憲章を、合併後は富山県民の歌を、そして昨年から新たにできあがった南砺市の歌「緑の里から」を題材にして、井波小学校・中学校生徒に応募してもらい行われています。
今回も小学生285名中、278名(97.5%)、中学生229名中、218名(95%)の応募があり、小学校3年生から中学3年まで各学年優秀賞1名、優良賞3名、佳作5名に賞状・記念品が授与されました。
パソコン時代、失われつつある「自分で文章を書く、それも誤字だつしなくしっかりきれいに書く習慣」を身につけてもらう大切な機会だと思います。
これからもこれを機に、しっかり学校生活でも「字」の大切さにふれていってもらいたいと思います。
c0026558_10255265.jpg


by hasunuma1170 | 2011-01-29 15:07 | 公民館
2011年 01月 28日

生活サポート事業 1月28日

ショッピングセンターアスモさんで行われた「情報システム構築事業講演会」を聞きに行って来ました。
c0026558_1051359.jpg「そくさいネットとYSNシステムの連動」というテーマで高崎経済大学:佐々木茂教授のシニア層のインターネットショッピングの動向から考えるという内容の講演でした。

商売の原点は御用聞き→ところがお店を持ちお客を待つようになった→このままでは商売につながらない→ニーズを掴む必要がある→お客にアプローチしてニーズに応える→インターネット環境による商圏限定の情報発信→地元ならではのコンテンツ発信(生活情報・イベント情報・買い物情報等)→将来的に「南砺市そくさいネット」と連動しいろんな生活サポート情報の提供を・・・

c0026558_10523251.jpg当日のpresentation資料から高齢者のインターネット・携帯電話などの利用度・関心度が格段に高まってきていることから、どんどん新しい情報システムにチャレンジしていくことは必要ですし、またしていかなければ「新しい未来」はないと感じました。

by hasunuma1170 | 2011-01-28 17:27 | 商工会関係
2011年 01月 27日

南砺市除雪支援サービス 1月27日

やー!大変な雪ですね。
南砺市もこのままでは「豪雪対策本部」も立ち上がるとの話しです。

私の方に高齢者の除雪支援の相談があり、早速、福祉課で対応を聞いてきましたので、お知らせします。

○屋根雪降ろしを依頼されたい方…ご近所の方や業者に依頼していただき、その費用の一部を助成します。(下ろした雪の除雪も対象になります)
・対象の方…65才以上の一人暮らしの方、65才以上の高齢者のみの世帯の方、一人暮らしの重度の身体障害者の方で所得税非課税の方
・市の助成額…1回あたり1万円を上限として、1シーズン2回まで
・屋根雪降ろし後に民生委員の確認が必要です

○家周りの除雪…シルバー人材センターへ除雪を依頼して下さい
・対象者…70才以上の一人暮らしの方、75才以上の高齢者のみの世帯の方、一人暮らしの重度の身体障害者の方で所得税非課税の方
・シルバーに支払われた費用の5割を助成します、助成額は年間1万円までです。
・行政センターへ申請書を提出していただきます。

近くにお困りの方がいらっしゃったら、お声がけをお願いします!

by hasunuma1170 | 2011-01-27 20:30
2011年 01月 23日

井波区域スキー大会 1月23日

午前9時井波閑乗寺スキー場に於いて井波区域スキー大会が開催されました。
c0026558_16124560.jpg
井波・利賀・井口地区の小学校1年から中学・高校・一般男子まで約40名の選手が参加して行われました。
開会式前までは霧がかかり視界10㍍程度で心配していましたが、試合開始頃には晴れ間を見えてきて、役員の皆さんの朝早くからの会場づくりもあり、まずまずのコンデションでの大会になりました。
生徒達の活き活きとしたスキー滑走に元気をもらった気がします。
c0026558_16132253.jpg
みんな頑張れ-!

by hasunuma1170 | 2011-01-23 16:09
2011年 01月 19日

第14回みんなで考える協働のまちづくり条例市民会議1月19日

午後7時から福野庁舎にて「みんなで考える協働のまちづくり条例市民会議」が開催されました。
c0026558_22293470.jpg私の所属する第5グループの今回の討議事項は「住民投票」です。
先進地の上越市、柏崎市、芦別市などの条例を参考に素案づくりを行いました。
ポイントは住民からの請求、市議会からの請求、市長からの発議、それぞれの提出要項でした。
原案
・市民からの請求①:12分の1以上(約4000人)の連署により市長に対し住民投票の実施を請求することが出来る→市長は請求の要旨を公表し市議会に付議しなければならない→住民投票実施の議案の議決を行う→住民投票

・市民からの請求②:4分の1以上(約12000人)の連署によって市長は速やかに住民投票を実施しなければならない

・市議会からの請求:定数の12分の1以上の賛成を得て住民投票実施の議案を市議会に提出することが出来る→住民投票実施の議案の議決を行う→住民投票

・市長は自らの意志によって住民投票を実施することが出来る 
c0026558_91915100.jpg

 皆さんのご意見お聞かせ下さい!

by hasunuma1170 | 2011-01-19 22:36
2011年 01月 17日

鬼太郎・目玉おやじに逢える街

「なんと市民の会」でいつもお世話になっていますFacilitator本川氏の紹介で氷見商工会議所で行われた、「まちづくり活性化セミナー」講演会「水木しげるロードがやってくる」を聴講してきました。
c0026558_117971.jpg講師は黒目友則氏:境港市【水木しげるロード】を企画・実施した張本人、境港市役所を退職し、(株)千年王国を立ち上げ、境港を妖怪の街として全国に発信中
より【水木しげるロード】の誕生から現在に至るまでの仕掛け・取り組みをお聞きしました。

●新たな仕掛け作りのための発想転換(連想ゲーム方式)
・商店街とは「歩きたくなる仕掛け」→ターゲットは若いギャル→ギャルはいない→これからは子供→子供といえば「漫画」→漫画といえば境港出身の「水木しげる先生」→「ゲゲゲの鬼太郎」→日本の妖怪が勢揃いする【水木しげるロード】

最初は反対反対だったが「まちおこしは反対があればあるほど良いものを創れる→絶対の良いものを創ろう」との発想が出来た。
そして最後に「そこに住む人々が自ら【楽しい街】【誇りを持てる街】に仕上げていくことで、そんな街に人(観光客)がやってくる」

その通りだと思います!

by hasunuma1170 | 2011-01-17 20:41
2011年 01月 15日

左義長 1月15日

井波公民館主催の左義長が行われました。
c0026558_15525069.jpg
昨年は大雪で井波小学校グラウンドの通路確保にしっかり時間がかかりましたが、今年グランドには20センチ程度しか雪が積もっていなくて、会場準備は短時間で終えることが出来ました。
しかし、竹の切り出しに1時間以上かかり、櫓を組み始めたのは午前11時を回っていました。(写真参照)
午後1時30分の開始時間まで櫓づくりが間に合うのか心配しましたが、約40名のボランティアの方の協力でお昼までには左義長用の約8.5㍍もある大竹で組んだ櫓が完成しました。

c0026558_15541372.jpg

完成後、婦人会の皆さんによるあったかのぜんざいを食べ、いっぷくしてから午後1時30分、いよいよ点灯式、沢山の皆さんが書き初めや正月用品を持参され、それらが白い雪空に赤々と燃え上がり(横の写真)、グランドの白さともマッチして、とっても良い左義長でした。  
ご協力いただいた皆さんお疲れ様でした!

by hasunuma1170 | 2011-01-15 15:53 | 公民館
2011年 01月 13日

「なんと市民の会」議会報告会(城端千福公民館) 1月13日

1月11日の井波下新町公民館を皮切りに行っています今年の「なんと市民の会」議会報告会の3日目は城端千福公民館をお借りして開催しました。
主の議論は以下の通りでした。

●消防署統合再編
・4.5分以内に救急、ポンプ車が到着できる世帯の比率が高い方がいいのか、多重出動や2次出動が出来る方がいいのか
・署の改築、耐震化に合併特例債が使える方がいいのか、それとも市民が費用負担をしても良いから今の署を残していくのがいいのか

・議会として砺波広域圏議会に対して南砺市の意思を表明することが重要ではないのか
・行政サービスの一番肝心な市民の安心安全が確保出来なくなるのでは

●南砺インター
・いつのタイミングで、誰が、どのような方法で、建設すると決定したのか?
・一流の田舎になるにはインターがいるか?
・建設に市から3億の負担をするならそれより消防署建設に使った方が良いのでは

by hasunuma1170 | 2011-01-13 21:14
2011年 01月 12日

なんと市民の会議会報告会(福野安居) 1月12日

昨日の井波に引き続き本日は福野安居集会所にて議会報告会を行いました。
雪の降りしきるあいにくの天気でしたが、在所の熱心な皆さん16~17名に集まっていただき、寒さを吹っ飛ばす良い話し合いになりました。
c0026558_17184299.jpgまずこちらから12月定例議会報告、市の課題として南砺スマートIC、消防再編(写真)、公共施設再編の話をし、続いて地区の課題について意見をお聞きしました。

・消防再編は署の数より到達時間をどのように早くできるかが問題
・認知症(徘徊)に対する市の具体的な支援策は
・地域包括支援センターなどこの手の名前が取っつきにくい→わかりやすい名前にして欲しい
・高齢化に対する市のビジョン・デザインを示して欲しい

これから迎える高齢化社会に対する市のわかりやすい説明が求められているのを感じました。
調べてみると安居地区の高齢化率は現在は28%ですが、予備軍の55~65才までが21%あり、一気に高齢化率が上がります。
これは市全体も同様で、今回の意見のように早急の対応が必要です。

by hasunuma1170 | 2011-01-12 20:48
2011年 01月 11日

なんと市民の会議会報告会 1月11日

「なんと市民の会」定例事業の「公民館まわり議会報告会」の新年第一弾を井波下新町公民館で行いました。
c0026558_11583122.jpg寒い中で、我々を入れて12名でしたが、思いを持った熱い方ばかりで、我々で見えなかったいろんなご提案、ご意見をいただき会派のエネルギーになりました。

・行政改革、天下り、ラスパイラス指数
・雇用の場の喪失、中年、高齢者への事業創出
・消防署の問題(数だけではない)
・H24年予定の全国高校文化祭での南砺市の活動
・南砺市らしいコンベンションの誘致
・町名問題

12日は福野 安居集会所
13日は城端 千福公民館 で
いずれも19:00~21:00でおこないますので、是非お越し下さい!

by hasunuma1170 | 2011-01-11 21:40