<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 30日

綿貫先生を囲む南砺市感謝の集い

c0026558_13155252.jpg南砺市綿貫後援会主催の綿貫先生を囲む南砺市感謝の集いが井波木彫りの里で開かれました。
河合先生、田中市長や旧8町村後援会関係者など約160人が出席して、綿貫先生のご功績をたたえ、感謝の宴を催しました。
先生は冒頭、本日「81才は人生これから」と題した本を出版されたことを紹介され、これからもプラス思考で頑張りたいと挨拶され、まだまだ血気盛んな所を我々に披露していただきました。
その後、全テーブルを一つ一つ回られ、懇親を深められました。
本当に地域のためにお世話になりました。
c0026558_1316828.jpg


by hasunuma1170 | 2009-11-30 22:15
2009年 11月 28日

11月臨時議会

臨時議会が開催され、市職員、特別職、市議等の給与、期末手当などを引き下げる条例の一部改正案が可決されました。
これは国の人事院勧告に準じた措置で、一般職の給料を平均0.24%減額、期末・勤勉者手当を年間0.35ヶ月減、市長他特別職、議員の期末手当を年間0.25ヶ月減とするもので、12月1日から施行されることが決まりました。
また、これに先立つ全員協議会で県営福光クレー射撃場について来年4月に県から南砺市へ無償譲渡される基本確認書が締結されたことが発表されました。

by hasunuma1170 | 2009-11-28 20:44
2009年 11月 25日

下水道事業の経営改善に関する説明会

井波地区の下水道事業の経営改善に関する説明会が午後7時30分から文化センターで行われました。
10分前に会場に着いたのですが、もう既に40人ほど集まっておられ、最終的には60人を超える出席者があり、関心の高さを感じました。

最初に上坂市建設部長から経緯説明があり、その後宮本上下水道課長からPowerPointを使って下水道事業の厳しい現状と今後の課題について約1時間説明がありました。
経営改善努力を行っているが、取り組みにも限界があり、経営改善に為には使用料の改定と市からの繰入金の増額を組み合わせて行いたいとの趣旨。

それに対し、
・もっと早く対応できなかったのか
・接続率を上げる努力は住民側からも必要だ
・他の取り組みはないのか
・使用料を上げて、一般会計からの繰入額もどんどん増えては困る
等、厳しい意見もありました。
12月議会で下水道事業料金改定案件が上程されるので、これらのご意見も参考に、委員会等でしっかり議論していきたいと思います。

by hasunuma1170 | 2009-11-25 22:53
2009年 11月 24日

金沢市・南砺市開発関係懇談会

毎年1回交互の地区で行っている金沢市・南砺市開発関係懇談会が、今回は南砺市担当ということで福光でありました。
最初に、福光干し柿出荷組合で「あんぽ柿」の集荷作業を視察しました。
そこで説明を聞いて驚いたのは、あんぽ柿のルーツは金沢の三社地区から種をもらい、三社柿として育て、半生状態にした「あんぽ柿」として、加賀前田家に献上したということでした。
南砺市は金沢との交流が多方面でいろいろあることを、改めて知りました。

その後の懇談会では、両市を結ぶ金沢井波線、金沢福光連絡道の進捗状況や、観光面での交流、民間交流等の説明を聞き、今後の地域間交流振興について話し合いました。
その中で、今年富山で行った「なんと観光博」を是非来年金沢で開かせて欲しいと要望したところ、受け入れていただき、金沢近江町広場を中心に開催することで検討していただくことになりました。
面白くなりそうです!

by hasunuma1170 | 2009-11-24 20:22
2009年 11月 23日

水橋中部自治振興会「まちづくり」視察

今日は嬉しい日でした
私たち上新町の景観づくりに取り組んでいる状況を参考にしたいと、富山市水橋中部自治振興会のまちづくり協議会のメンバー24名が視察に来られました。
午前10時に井波交通広場に到着され、まずは上新町地内の景観を見ていただき、暖簾、植栽、木彫看板など興味深く視察されました。
c0026558_1728249.jpgその後、上新町真教寺で、景観の事例や取り組みについて説明をさせていただき、意見交換をしました。
その中で、景観づくりや町づくりを通じて一番の成果は、町内の人達がみんなで考えることによって、仲良くなり、自主的にまちを綺麗にしたり、イベントも考え出したりして、行政や商工会等に頼らず、頑張ってこれるようになったことだと説明をさせていただきました。
まちづくりはまさに人づくりだともいます。
水橋の皆さんも自主的に会費を出して取り組んでいらっしゃるとのことなので、そのPowerで少しでも参考にしていただき、前向きなお互い元気なまちづくりが出来ればと感じています。
今日は視察に来ていただき有り難うございました。

by hasunuma1170 | 2009-11-23 17:29 | 町内会
2009年 11月 22日

富山庄川線「藤橋」完成式

c0026558_17102191.jpg平成9年度から総事業費18億円をかけて工事が行われていた、庄川町小牧~湯谷地内に架かる「藤橋」の完成式が行われました。
庄川町と南砺市利賀村を連絡し、富山市五福に至国道471号線に架かる橋で、国道156号線の小牧ダムに向かう金屋トンネルを過ぎてすぐ左折していく道路上です。
今日は天気も良く、橘衆議院議員、河合、広野両参議院議員、米原、山邊、武田各県議をはじめ関係者多数と庄川町小牧、湯山両地区から沢山の地元住民の方が出席され、テープカット、渡り初めが行われ、道化や獅子舞、餅まきとお祭り騒ぎの完成式でした。
c0026558_17132743.jpg


by hasunuma1170 | 2009-11-22 17:00
2009年 11月 20日

公共交通政策勉強会

砺波市議会・南砺市議会合同での議員研修会が井波木彫りの里でありました。
c0026558_9535766.jpg両市合併後、議員親睦を兼ねて毎年行われている研修会で5回目となりました。
今年は富山県総合交通政策室長の夏野修氏(砺波市出身)より「富山県の公共交通政策」と題しての講演を聞きました。
氷見市や魚津市で行われているNPO法人によるバス運行について、城端・氷見線活性化協議会への支援や北陸新幹線の整備概要、課題、富山空港の利用状況、促進助成事業の概要など細かく説明をしていただき、大変有意義な講演会でした。

今後の公共交通のあり方について考えていく上で、とても参考になりました。

by hasunuma1170 | 2009-11-20 21:43
2009年 11月 18日

新会派「なんと市民の会」結成

今日午後1時にお世話になった「自民クラブ」を退会し、午後2時から新会派「なんと市民の会」を5名の議員で立ち上げました。
新市長になり1年が経過し、新しく推進しておられる市民協働の流れの中、議員は何をすべきか、市民との関わり方はどうあるべきかが改めて問われていると思われます。
これらの新しい流れの中で、市民の皆さんの声を聞くべきと5名の議員有志で公開討論会を行いました。
「初めて他選挙区の議員の顔を見た」「地元のこと+南砺市全体をこうしたいというVisionが聞きたい」「議員の政策を発信する機会、場所が必要」など、これからの議員に求められる多くの意見を頂戴しました。

その中で全員共通に「今のままではダメだ」「これらを実行し新しい南砺市を築きたい」という危機感を持って会派を結成しました。
南砺市議会としては自民クラブ以外の初の会派ですので、お互い切磋琢磨しながら南砺市のために頑張っていかねばと思っています。
是非、皆さんからのご意見をお待ちしています、

by hasunuma1170 | 2009-11-18 19:21
2009年 11月 13日

なんと市民の会 公開討論会

2回目の公開討論会をじょうはな座で開きました。
議員5名と口コミで集まっていただいた20数名(約半数は初めての方)の市民の皆さんで、
1.議員の役割
2.議員定数と選挙区制
3.イベントの評価
等について全員で議論を行いました。
今回も全員車座になり、お互い顔をつきあわせての討論会だったので、手厳しい意見や参考になる提案などがあり、充実の2時間でした。

少し内容を紹介します。
・他地域の議員と顔を付け合わす機会が少ない。出前講座を行って欲しい。
・自治振興会だけでなく、地元毎にボランティアの代議員制度を作り、要望を取りまとめ、それらを議員で検討し政策として立案していくシステムが必要だ。
・議員の意見を発信していくことが必要だ。
・南砺市全体としてのイベントが必要だ。
・5年後・10年後の南砺市をこうしたいというものが見えてこない。真剣にみんなで考えたい。
・議員は選挙対策の時だけでなく日頃の活動を支える後援会組織をしっかり創ることが必要。

まだまだ書ききれませんが、今度まとめて報告したいと思っています。
今後はこういう公開の場を出来れば毎月、いろんな場所で開催して、広く市民の皆さんの意見を聞き、市当局に提案し、行政に反映していってもらうような会にしていきたいと思っています。

by hasunuma1170 | 2009-11-13 22:36
2009年 11月 12日

議員定数等検討特別委員会第3期検討会

前回の議員定数等検討特別委員会で、期別に意見交換を行おうという話になり、今日、第3期(旧町議1期、市議2期)議員の検討会が行われました。
3年後の情勢も踏まえ議員としてどうあるべきか、行政・議員・市民の関係がどの様であればいいのか、そのためにはどんな選挙区制や定数を目指せばいいのか等、伯仲した議論が行われました。
具体的には大選挙区制移行か現状の中選挙区維持、定員は20名以下、20名、22名、24名など意見が出て、後日議長、正副委員長会議で、ある程度の方向性を決め、それらを受けて、各議員が市民の意見を聞き、来年9月までに一定の結論を出す事になりました。

by hasunuma1170 | 2009-11-12 19:15