<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 25日

足利市事業仕分け

現在政府が取り組んでいる「事業仕分け」について栃木県足利市へ議員3名で勉強に行ってきました。
「事業仕分け」とは「構想日本」が考案した手法で、行政サービスのそもそもの必要性や最適な実施主体について、外部の評価者(仕分け人)が参加して公開の場で議論を行い、評価を行う作業です。
国や自治体が行っている事業を予算項目毎に「そもそも必要なのか」「もし必要ならば、本来は誰(行政、民間等)がやるべきか?」「実施に内容は適切か?」などについて、公開の場で議論し、「不要」「民間」「国」「都道府県」「市町村」などに仕分けし、事業の今後の方針や予算に反映させるというものです。
c0026558_9212898.jpg
朝5時過ぎに出発し10時半前に到着、早速足利市役所の会場へ
3会場に分かれてそれぞれの事業ごとに仕分け作業中。
私は、「ひとり親家庭医療助成事業」「公立保育所運営事業」「地域商業団体活動補助事業」「中心市街地空き店舗対策事業」を傍聴。
仕分け人の鋭い質問に、答弁に詰まる市役所担当職員。
公開の場で行うことで、緊張感漂い、傍聴者も真剣に聞き入っていました。
行財政改革の「切り札」として、是非南砺市としても取り組んで欲しいと思います。

by hasunuma1170 | 2009-10-25 22:48
2009年 10月 24日

マーシ園創立50周年記念式典

マーシ園創立50周年記念式典に出席をしました。c0026558_17133659.jpg
昭和34年12月1日に井波町山見地内において社会福祉法人を創設、授産施設として開設され、同年12月19日に「マーシ園」として認可を受けて以来、砺波福祉圏や富山県の身体障害者福祉の拠点として大きな役割を担っていただいております。
50周年式典に出席して、改めてマーシ園の存在感、旧井波町の福祉に対するしっかりとした取り組み、地域の皆さんの協力を実感しました。

また、式典に際して、清都理事長より多年にわたり貢献いただきました6名2団体に感謝状が授与されました。
本当におめでとうございます。
c0026558_1714979.jpg


by hasunuma1170 | 2009-10-24 17:16
2009年 10月 20日

自民クラブ地域勉強会

自民クラブ地域勉強会に参加しました。
c0026558_21255434.jpg今回は平・上平地域の施設見学でした。
最初は市の指定管理施設になっている「五箇山和紙の里」。
説明を聞いて驚いたのは和紙すき体験は、外国人ではアメリカ、ヨーロッパ系が中心でアジア系はほとんどしないということでした。文化の違いがくっきりと出て面白い結果でした。
次は世界遺産合掌集落の代表的建築「村上家」。
当主の村上忠兵衛さんより五箇山の流刑小屋と煙硝作りの説明を聞き、いろり端で「こきりこ節」を披露していただき、癒しの一時に浸りました。
最後は赤尾道宗の「行徳寺」。
赤尾道宗の足跡を聞き、井波瑞泉寺や蓮如上人、綽如上人の御遺徳を偲びました。
c0026558_21292422.jpg


by hasunuma1170 | 2009-10-20 21:30
2009年 10月 18日

公開討論会それから・・・

おそらく南砺市内としては初めての企画だと思いますが、議員有志による地区(選挙区)を越えた公開討論会を開催しました。
c0026558_23463288.jpgまず議員各自で自己紹介や取り組んでいる活動内容について話をした後、議員、議会とは一体何なのか、そして議員定数や選挙区についてどうあるべきなのか等、ざっくばらんに市民の皆さんと意見交換を行いました。
会議の形を車座にしたせいもあって、皆さんからいろんな意見や一般質問のDATAまでいただき、非常に有意義な討論会になったと思います。
今日の意見をしっかり検証して、議会改革や議員定数問題に反映させなければと思います。

討論会が終わってその足で、あずまだち高瀬で行われている「とやま帰農塾2009井波塾」の夜なべ談義に参加しました。c0026558_23584387.jpg
「NPO法人心泉いなみ」が受け入れ団体になって取り組みを行い、県内外(一番遠くは福岡県博多)から6人の方が参加され、農家の暮らしを体験されているものです。
遅れて行ったんですが、皆さん井波の地酒の勢いもあり、自分達で作ったサトイモ料理や農作業体験の話で夜の更けるまで最高潮に盛り上がっていました。

by hasunuma1170 | 2009-10-18 00:01
2009年 10月 16日

井波児童公園検討会

井波児童公園の整備について、利用しているお母さん方からの強い要望があり、今年初めから都市計画課の担当者と検討を行い、3月補正で遊具関係の予算が付き、7月補正で地域活性化経済対策臨時交付金が付き、さあいよいよ公園の見直しに取りかかるのかと思っていたのに、なかなか前に進んでいませんでした。
今日、一体どこまで進捗しているのか、お母さん方と一緒に都市計画課へ確認に行ってきました。
ところが公園の測量を行い、遊具の入れ換えを考えている程度の内容で、前の検討が活かされていない状態でした。
このままでは帰れないと再度の検討を行い、まず全体のイメージやレイアウトを図面に書き入れ、その後遊具の配置を考え、だいぶ納得のいくものになりました。
今後は早急に設計を行い、雪の降る前には完成させて欲しいものです。
お母さん達の熱意が届き良かったです!

by hasunuma1170 | 2009-10-16 21:28
2009年 10月 15日

井波地区保育園統合問題説明会

井波第一・第二保育園父母の会による井波地区保育園統合問題説明会が開かれ、Observerとして参加しました。

保育園統合に関する主な経緯は
平成18年12月に南砺市立保育園審議会が立ち上がり7回の開催後、南砺市の目指すべき保育及び保育園経営のあり方について」市長に答申されました。
主な内容としては
・保育園規模としては概ね150人から200人程度が望ましい
・井波地域の保育園数は「1または2」
・保育園数や配置は地域事情に精通した関係者で協議すべき
これを受け平成20年9月に井波地域保育園検討委員会が立ち上がり現在まで4回の委員会で統合等に関して検討されています。

今回は南山見地区、高瀬地区に次いでの説明会でしたが、関心も高く30名超の保護者の方が集まられ、住民環境課から経緯説明や現状説明があり、その後質疑応答に入りました。
保護者からは「もっと説明会を開き保育園数1から2について議論をして欲しい」「今後の建設に係わるタイムスケジュールも示して欲しい」等、熱心な議論が交わされました。
これらを受け、今月下旬に第5回の検討委員会が開かれる予定です。

by hasunuma1170 | 2009-10-15 22:26
2009年 10月 09日

寺のまちアートinいなみ2009反省会

先月27日迄行われました寺のまちアートinいなみ2009の反省会がありました。
c0026558_1917513.jpg今年は早くPR活動も行った結果、来場者数も昨年よりかなり上回り、目玉の欄間ウォークは181名(昨年51名)、お寺展示は6か寺で5223名(3611名)、庭園開放も3件で3600名(1100名)とそれぞれ大きく増えしました。

また今回は、各町内会の皆さんがそれぞれに訪問客に喜んでもらえるよう自分達で工夫され、協賛イベントも増え、滞留時間も長くなったところが良かったともいます。

本当の「おもてなしの心」が芽生え、良い流れができてきたと思いました。
来年はちょうど節目の10周年にあたりますので、もっとグレードアップできるような仕掛けを考えていきたいと思っています。

by hasunuma1170 | 2009-10-09 20:11 | 観光協会関係
2009年 10月 07日

議員定数等検討特別委員会

第3回目の議員定数等検討特別委員会が開催されました。
今回は自治振興会連絡協議会から各地域代表の理事8名に集まっていただき、次回選挙における議員定数等に関する意見交換を行いました。

まず、各理事の皆さんから選挙区と定数に関しての意見を聞きました。
・村部は1名しかいない議員がいなくなったら地域の意見を吸い上げることが出来ない等現状維持で良いとの意見。
・町部は地域の垣根を取り払い、広く南砺市全体を考える議員が必要。総人口に見合った定数が良いとの意見。
予想はしていましたが、旧町部と旧村部の意見がはっきりと分かれました。

次に議員は市民にとって何をすべきかとの問いに対しては
・市民の声を良く聞いて、地域の実情を知って欲しい。
・自らの足で市内を回り、現状を見て欲しい。
・南砺市の発展のためにどうあるべきか勉強して欲しい。
等、市民との接点の必要性、資質向上などが求められている事を感じました。

今後は今日の理事の皆さんの意見も参考に、また、各々の議員も住民から意見を聞き、年内には具体的な案を作成していく予定です。

by hasunuma1170 | 2009-10-07 23:40
2009年 10月 01日

彫刻看板スタンプラリー抽選会

9月19日~30日の期間にわたり行った寺のまちアート協賛事業「木彫看板スタンプラリー」の抽選会を行いました。
c0026558_161063.jpg北は北海道札幌から南は兵庫県神戸市より応募総数976通(昨年は1ヶ月間開催で1326通)を厳正に抽選した結果、見事70名の皆さんが商品をゲットされました。
賞品応募別では、干支置物179通、新米405通、銘菓198通、古里セット194通で、新米が相変わらずダントツ人気でした。
また、地域別応募は、県外48通(5%)、南砺市以外県内197通(20%)、南砺市731通(75%)で、昨年に比べ南砺市以外からの応募がたくさんあり(5%増)、寺のまちアートやスタンプラリーが市外に広く行き渡った結果が出ていることを感じました。
来年はスタンプラリーも5周年を迎えますので、喜んで参加してもらえるようにいろいろ工夫を凝らさなければならないと思っています。

by hasunuma1170 | 2009-10-01 21:53