国際木彫刻キャンプ交流部会の企画委員会がありました。
民間主導型で行こうと交流部会有志で行っているもので、主な企画はキャンプ中の模擬店やイベント企画、プレミアムチケットの企画販売などです。
プレミアムチケットの最終確認
・1000円で1200円分利用できる。
・キャンプ期間中は模擬店・木彫りの里・井波地域内協賛店舗等で利用可
・寺のまちアート期間中も井波地域内協賛店・木彫りの里等で利用可
・販売箇所は井波観光協会・よいとこ井波・木彫りの里・井波彫刻総合会館
Let's盆踊り&よさこいスケジュール
・16:00~18:00  よさこい踊り
・18:00~18:45  平高校芸能部
・18:45~19:00  木遣り踊り
・19:00~20:30  盆踊り
等の確認を行いました。
by hasunuma1170 | 2007-07-31 21:37 | イベント・行事

第3回の実行委員会が井波木彫りの里で開催されました。
過去2回は北日本新聞本社で行われていましたが、今回は現場視察もあり、キャンプ会場近くの木彫りの里で行われました。
c0026558_22324730.jpg
ボランティアの募集状況の報告(応募総数330人)があり、内訳は一般応募93人(うち通訳38人)、団体等応募240人(井波中学生120名、市内高校生90名、各種団体30名)でした。
その後、会場へ視察に行き、作家テントの設置位置や駐車場、イベント会場予定地を見て回りました。
いよいよ4年に一度の大イベントの開催です。
今回は南砺市になって初めての開催であるし、交流分科会のように民間レベルで取り組みを行うなど、新しい流れが期待されます。
是非皆さんでお越し下さい。
by hasunuma1170 | 2007-07-30 22:20

太子伝観光祭3日目

3日目の今日は、青年部ソバ大食い大会、木遣りレース、よさこい競演会、氷の彫刻コンクール、各商盛会模擬店などで、瑞泉寺境内、井波本町通りが大いに盛り上がりました。
土曜日ということ手伝って、3日間のイベントの中では一番多くの人が井波に来ていただいた気がします。
この日午前中は県消防操法大会に井波第4分団が大型ポンプの部で出場したので、県消防学校へ応援に行って来ました。
c0026558_16283683.jpg午後井波に戻り、早速、氷の彫刻コンクールの準備やら上新町模擬店の準備でてんやわんや、午後4時30分からは青年部木遣りレースに「井波木遣りの会」チームで出場。

バテバテになってよさこい会場の交通広場へ戻り、上新町ブースで寺子クラブのみんなで作った商品の販売や模擬店の呼び込みを開始。
町内みんなで協力し、夜の更けるまで賑わいました。
写真のように大盛り上がりの太子伝観光祭最終日でした。
c0026558_16251439.jpg

by hasunuma1170 | 2007-07-28 16:09 | イベント・行事

朝からのドンヨリとした曇り空、降水確率は午後6時から60%。
午後1時、太子伝実行委員会踊り町流し委員会でこのまま降らなければ町流しは行うことに決定。
木遣りの会も社会体育館で準備開始。
午後5時、雲行きが怪しくなり、ポツリポツリと雨が落ち始まる。
午後6時を過ぎると土砂降り状態。井波婦人会の町流しは中止の案内。
午後7時、雨でも木遣りを踊りたいと言う意見が多く占め、アメダス情報を見ながら、瑞泉寺境内での奉納踊り時間帯は大丈夫と判断。
c0026558_0544662.jpgまた今年の目玉、井波中学生全員踊りについては雨の様子を見て判断することに決定し、午後7時半、出発場所の旧駅前に移動。その前に献木を精魂込めて作っていただいた高畑豊治氏霊前前で追悼の踊りを行い出発へ。
しかし無情にも第2回目の土砂降り。この時点で残念ながら井波中学生は踊りを中止し帰す。

これからがドラマチック。天気が回復し、30分遅れ程度で、旧駅前を出発。
その後は順調に下新町、中新町、上新町、八日町と町流しを披露し、午後9時半、瑞泉寺太子堂前へ。
いよいよ、5月以来練習を重ねた「木遣り踊り」の奉納踊りを多くの観客の前で披露しました。
雨の中、キッズ隊達も「最後まで頑張る」と力強く踊ってくれたり、メンバー全員が本当に一体感になり、素晴らしい踊りでした。感動しました。
そして、余韻を残しながら To Be Continued
c0026558_0551088.jpg

by hasunuma1170 | 2007-07-25 22:24

太子伝観光祭幕開け

今日24日から太子伝観光祭が始まりました。(瑞泉寺太子伝会は22日~29日午前まで)
c0026558_22389.jpg幕開けは瑞泉寺境内での太子伝伝芸能ステージです。
聖徳幼稚園児、井波保育園児のおどり、井波婦人会の大正琴演奏、こきりこ踊り、ベンチャーズインストルメントバンド演奏、今町青年会の屋台囃子と続き、初日のメイン「八乙女一座」の「一本刀土俵入り」の特別公演が行われました。

明日はいよいよ木遣り町流しです。午後7時30分より井波本町通りを踊り歩きます。
是非、本日に引き続きお越し下さい。
by hasunuma1170 | 2007-07-24 22:06 | 商工会関係

広報委員会視察

23日~24日の2日間にわたり、福島県須賀川市、宮城県大和町へ広報委員会視察を行いました。
いかに「議会だより」を多くの市民に読んでもらえるか、市民の目線にたって記事を書けるかという視点で各広報委員会へお邪魔しました。
どちらも全国的に有名な広報を出しておられ、特に須賀川市は事前告知型の、大和町は常に全国広報誌上位入賞という議会だよりを作成していらっしゃるので、少しで南砺議会だよりの参考にと8人の委員と議会事務局広報担当者とで勉強してきました。

そこで教えていただいたのは、読んでもらえる基本は「見出しと写真」、そしていかに文章を短くするかということでした。
週刊誌が良い例です。買ってもらうため、読者を引きつける見出し、写真をいかに上手くレイアウトしなければいけないのか。
我々も、自己満足の議会だよりを編集するのではなく、市民を引きつける議会だよりを出す努力が必要だとつくづく感じました。
次回を期待してください。
by hasunuma1170 | 2007-07-23 22:06

昨年好評だった木彫看板スタンプラリーの今年初めての実行委員会がありました。
日程については、今年「いなみ国際木彫刻キャンプ」「木彫サミット」「寺のまちアート」が同時期に開催されていることや、「おわら風の盆」の時期とも重なるため、8月25日(土)からアートが終わり、少し静かになる9月24日(祝)まで行うことになりました。
c0026558_23482985.jpg井波地区としても最も多くの観光客がはいる時期だけに、沢山の応募が期待できそうです。
ちなみに昨年は1,100名以上の特産品応募があり、まちの賑わい創出に一役買うことが出来たので、今年はより以上の賑わいを期待したいものです。
詳細は追って案内します。

写真は昨年の第1回スタンプラリーのものです。
by hasunuma1170 | 2007-07-19 23:49

14日~15日の2日間にわたって、あずまだち高瀬を貸し切って、Australia事前研修第5回目を行いました。
14日朝8時から今日の午後1時まで、現地での出し物の通し稽古、判別対抗ビーチボール、BBQ,金城寺住職の指導による座禅、未成年の主張など、中身の濃い研修を行う事ができました。
最初はぎこちなかった班別行動も、班長を中心にまとまるようになってきたり、最初なかなか手が挙げられず恐る恐る発表していた1分間スピーチも、だいぶ殻を打ち破れるようになってきました。
「自分を変えたい」と言葉だけが先行していましたが、少しずつ行動に変化が出て、現実味を帯びてきました。
実行委員の皆さんも忙しいのにかかわらず、空いた時間を見つけては顔を出し、世話をしていただき、感謝しています。
後、1ヶ月を切りました。
生徒も委員も怪我などをしないよう十分気をつけていきたいと思っています。
by hasunuma1170 | 2007-07-15 08:43 | 国際交流

議会広報委員会3日目

9日から始まった広報委員会も第3稿があがり、最終確認を行いました。
c0026558_834355.jpg2稿でCheckを行い、ほぼ完璧かと思っていたのですが、やっぱり確認は必要なものです。
間違いを直し、全体を通し、メリハリをつけ、完成しました。
今回の表紙は、今年全国大会出場の南砺市女性消防隊が、市消防団消防操法大会で披露したの演技の模様です。

尚、発刊予定は今月25日です。ご期待下さい。

井波では太子伝観光祭の「踊り町流し・木遣り踊り」の日です。
こちらも是非お越し頂き、勇壮な踊りをご覧下さい。
by hasunuma1170 | 2007-07-13 13:23

二期の会勉強会

南砺市議会議員2期生(町議1期含む)で、毎月定例的に行っている勉強会に参加しました。
今回は城端庁舎において、細川産業経済部長と今後の南砺市における産業経済の展望について、情報分析、意見交換を行いました。
話題の中心は、なんといっても来年3月に開通予定の東海北陸自動車道への対応でした。
既に、能登、金沢、氷見、高岡と誘客合戦に火蓋が切られている中、北陸最初の玄関口としてのアクセスICを持つ南砺市として、いかに観光誘客や企業誘致に結びつけていくかが重要課題です。
その点、他都市に比べのんびり構えている気がしてなりません。観光連盟、観光課、商工課、商工会など横の関係をもっと密にして、みんなで取り組んでいかなくてはいけないと思います。
どんどん情報を持って、東海や関東地方へ売り込みに行く必要があります。
是非、こうゆう勉強会も踏まえ、行政側、議員側双方の意識を高めていかなければならないと思います。
by hasunuma1170 | 2007-07-12 23:01

蓮沼晃一の出来るだけ毎(My)日記