カテゴリ:観光協会関係( 115 )

観光協会井波支部主催の観光講演会を「よいとこ井波」にて開催しました。

タイトルはズバリ!「どうする井波の観光!新幹線開通に向けて」で、講師としてknt富山支店長小井(いさらい)浩樹氏をお招きして、現場サイドからの辛口を交えた講演を行っていただきました。
c0026558_8221820.jpgまず最初から「どうする井波!」というNegativeな考え方ではなく「新幹線開通に向けて どうする井波の観光!」というPositiveな発想で行かなければならないとずばっと切り出されました。

私なりにいくつかのポイント・キーワードを拾ってみました。
・これからは安定した「教育旅行」への取り組みが必要(景気や動向に左右されにくい)
・現状分析(外から見た井波)をしっかり行い、お客ニーズを探す
・魂のない企画は売れない
・それぞれのお客(個人・貸切団体・募集型団体)に対する引き出しが必要
・リピーターを作ること
・これからはネットが主流→こまめな対応・生きた情報に対し生きたお客が来る

話しで終わらせないで、これからしっかり努力が必要です。
力を出し合い頑張らなくては・・・・・!
by hasunuma1170 | 2011-11-30 21:06 | 観光協会関係

午前10時より第3回南砺市観光協会理事会が城端庁舎にて開催されました。
内容は、平成24年予算概算要求について、協会内部監査について、本部機能強化のための方策(移転を含め)等の協議でした。
まず問題は、各支部と本部の棲み分けがうまくいっていないという点でした。
会長より、そのために本部機能強化を来年度しっかり行っていきたいとの意向が示されました。

また、各事業については、南砺里山博の通年開催の是非、観光博のあり方・周知方法、コンシェルジェの増設設置についてや今後予定されている全国高文祭、インターハイ、全中スキー(クロスカントリー)などの積極的な関わり方など活発な意見交換が行われました。
by hasunuma1170 | 2011-11-30 14:57 | 観光協会関係

万葉一番の会

2005年にキリンビール富山支社と南砺ヨスマ倶楽部がタイアップして、合併直後の南砺市のブランド力アップを目的に行った「五箇山世界遺産登録10周年記念デザイン缶」。
c0026558_912013.jpgその時のご縁で参加しています「万葉一番の会」が、今回、「会席料理とボジョレー・ヌーヴォーを味わう会」のタイトルで福光で開かれましたので、観光協会メンバーの皆さん等と一緒に参加しました。
会場では昨日解禁になったボジョレー・ヌーヴォーやキリンビールの新製品が並び、近隣から駆けつけた会員の方々と飲みながら地域づくり談義に花を咲かせました。
by hasunuma1170 | 2011-11-18 21:33 | 観光協会関係

「金沢井波線にバスを走らせる会」の何回かの要望活動に答えていただき、北陸鉄道さんの企画による「金沢井波線を通る井波散策」ツアーが実現し、なんと!路線バス3台、総勢93名の皆さんが井波を訪れていただきました。
c0026558_1454207.jpgもちろん、会長の田中県議のご家族や事務所の皆さん、金沢井波線の途中にある二俣地内の皆さん、上田金沢市議会議長の地元の皆さんなど、本当に「ようこそ井波へ」でした。
こちらも川合南砺市観光協会長、武田県議、米田観光課長、井波支部窪田会長などで、お出迎えをさせていただき、交流の絆を深めさせていただきました。
来年1~2月には南砺市が企画した金沢井波線定期観光ツアーを実証実験し、引き続いて路線バス運行実現へ向かって頑張っていきたいと思っています。c0026558_14545282.jpg
c0026558_1456314.jpg
by hasunuma1170 | 2011-11-03 14:59 | 観光協会関係

8月20日(土)から9月4日(日)まで開催しました「寺の町アート2011」の反省会を約30名の関係者参加の中、よいとこ井波で行いました。
事務局より、来訪者について八日町案内所で20,000カウント、瑞泉寺山門案内所で44,000カウントがあったことが報告されました。

いろんな意見をいただいたので、紹介します。
・全国に向けたPRが必要
・住民参加型のイベントを中心に
・10年が経過し、少しいきずまり感(企画のマンネリ化)がある
・新しい考えを持った方に参画してもらう
・庭園見学の希望が高いので、新規の開拓を
・ゆっくり街並みを見てもらうために時期は9月中旬から10月が良い
・中学生の協力は素晴らしい
by hasunuma1170 | 2011-10-08 15:48 | 観光協会関係

「金沢井波線にバスを走らせる会」の田中会長(石川県議)をはじめメンバー数名で、金沢市の北陸鉄道本社へ6月の陳情に続き、今回、要望書の提出を行いました。

c0026558_8164545.jpg嬉しいことに、北陸鉄道側が再三の陳情活動に答えて、11月3日に金沢発で金沢井波線を通り、井波で2時間半滞在する募集旅行を企画していただくことになりました
これを受けて、金沢側会員はバス1台分の人数の確保を、井波側会員は喜んでいただけるおもてなしを、約束してきました。

実現に向かい努力する、あきらめないで行動する、「金沢井波線にバスを走らせる」ために頑張りたいと思います。
by hasunuma1170 | 2011-10-05 18:54 | 観光協会関係

金沢井波線にバスを走らせる会のメンバーで北陸鉄道に陳情を行ってきました。
c0026558_15573315.jpg会長の田中石川県議、副会長の武田県議、窪田、蓮沼、石川県より折池、寺井さんの6名で、北陸鉄道の加藤社長、宮岸自動車部長に対し、金沢井波線での早期路線バス路線開設について、要望活動を行いました。
加藤社長からは「少し見極めさせてもらい、チャレンジできるのか無理なのか、また12人乗りジャンボタクシー程度での可能性なども検討したい」との回答をいただきました。
10月から始まる金沢井波線の定期バス実証実験と併せ、会としてもチャーターバスを計画し、双方で実現に向けて頑張っていきたいと思っています。
by hasunuma1170 | 2011-07-15 15:58 | 観光協会関係

[
金沢井波線にバスを走らせる会」の第2回総会が金沢のネッツトヨタ石川田上森の里店で開催されました。
c0026558_17245096.jpg南砺市側からは18名がバスに乗り、金沢井波線を視察しながら参加しました。

金沢市側も20名余りの参加で、来賓として石川県参事、金沢市都市政策局長、富山県知事政策局総合交通政策室課長補佐、南砺市市長政策室長をお招きして、40数名で総会を行いました。
23年度は本格的に要望活動や南砺市で行う金沢井波線定期観光バス運行実証実験に参加して、啓蒙活動を充実していくことになりました。

一番良いのは行政に頼らず民間ベースで、また、県を超えて活動していることだと思います。
会員も総会までに120名余りになり、ますます広がっていく良い会になりそうです。
by hasunuma1170 | 2011-06-07 19:06 | 観光協会関係

観光協会井波支部主催の八乙女風神堂の祭典が青空のもと、約50名の参加者の中、現地八乙女山にて行われました。
c0026558_7325432.jpg
高瀬神社長谷川神官の祝詞奉上の後、窪田井波支部長、松田商工会井波支部長、斉藤幸範実行委員長など関係者による玉串奉奠が行われました。

引き続き、八乙女風神太鼓の皆さんによる奉納太鼓が披露され、マイナスイオンいっぱいの新緑の山中に祭典祝いの音が響き渡りました。
c0026558_7334491.jpg
その後、各自持参のおにぎりを食べ、山菜採りをしながら登山道を歩いたりして八乙女山の初夏を満喫しました。

また、今年、インターネットを見てと滋賀県から2名、射水市や氷見市からの参加者もあり、これからの多方面・多角的な情報発信の必要性を感じました。
by hasunuma1170 | 2011-06-05 15:11 | 観光協会関係

砺波市出町子供歌舞伎曳き山会館において午後6時から「どうする城端線」と題して、フォーラムが開催されました。
c0026558_7582869.jpg2012年に100周年を迎える城端線(1898年:城端~高岡間、1912年:高岡~氷見間)旧中越鉄道について、地域の公共交通として産業や観光の発展を担う交通手段として存続しなければならない。
そのためにも、砺波地方に住んでいる我々がもっと利用し、必要性を訴えていくため開かれたフォーラムです。
第1部は谷本亙氏の講演による「城端線100年の価値を生かす」
第2部はパネルディスカッション「どうする城端線!」
で熱い議論が交わされました。
2014年度の北陸新幹線開業を間近に控え、これからも真剣に話し合いの場を広げていく必要性を感じました。
by hasunuma1170 | 2011-06-03 20:43 | 観光協会関係