カテゴリ:観光協会関係( 115 )

17日から3日間の日程で行われた寺のまちアートinいなみ2005が終わりました。
今年も市内外から約8,000人の方々が訪れ、秋の井波文化を堪能して頂きました。
井波の素晴らしいのは次から次へと展示内容が変化していくところです。それだけ歴史・伝統の重みを感じます。
写真はS邸の庭園開放の写真です。
c0026558_19524196.jpg
町並みにあるちょっとした空間にこんな素晴らしい情景が広がります。井波文化を再認識し、これからもこの文化を継承していかなければならない責任を感じました。
by hasunuma1170 | 2005-09-19 19:55 | 観光協会関係

寺のまちアート2005

c0026558_1938569.jpg寺のまちアートinいなみ2005が井波八日町通りを中心に開催されました。寺のまちアートと言うだけに寺院も昨年を上回る6か寺に参加して頂き、日頃見ることのできない展示もあったり、町並みで手芸体験があったり、さすが文化芸術の井波を感じさせる企画になったと思います。朝から見物客も後を絶たず訪れ、パンフレット片手に各参加店を回っていました。
私の住んでいる上新町では展示していないお店でも暖簾と花を飾り、訪れる皆さんに歓迎の意を表現しました。
住んでいる人が楽しんでこそ町並みのアートだと思います。もっと我々も楽しみたいと思います。c0026558_1937143.jpgc0026558_19583379.jpg
by hasunuma1170 | 2005-09-18 16:22 | 観光協会関係

寺のまちアート2005

寺のまちアート2005総務企画委員会がありました。

昨年の実績報告の後、、今年も「寺のまちアートinいなみ2005」のネーミングで、9月17日(土)~19日(月・祝)に開催することで調整することになりました。
時間も夜9時迄とし、和紙を利用した灯りの取り組みも考えることになりました。
昨年までは商工会で企画運営しましたが、今年からは井波観光協会が中心になって行うことで、いろんなアイデアも出て、内容の濃い会合です。

それと、彫刻組合主催で昨年まで11月に行っていた「彫刻祭り」を同時に開催し、相乗効果を狙い、訪れる人により楽しんでもらおうと報告がありました。
もう一つ、同時期に開催されます「平:五箇山和紙祭り」との連携も図っていこうということになり、益々充実しそうです。
頑張ります!
by hasunuma1170 | 2005-06-21 22:46 | 観光協会関係

観光協会総会

c0026558_23445933.jpg平成17年度の井波観光協会定期総会がありました。
新体制になって1年、イベント部会、PR部会、町づくり部会の3部会が出来、それぞれで井波の観光について真剣に討議を重ね、ようやく行政から離れ一本立ちできるスタイルになってきたと思っていました。
ところが、今日の来賓挨拶の中で、嶋議長より、瑞泉寺と高瀬神社が一体となった取り組みがなされていないと指摘を受け、外からの見方不足を痛感しました。
これからはもっと広域的なものの見方が要求されます。他の観光協会と連携を図り、全体的、一体的な活動が必要だと思いました。
また、引き続きの講演で、講師の井口中学校「竹部俊恵」先生から、「井波は寺内町として栄えたこと。古い形を堂々と残して欲しいこと。」等、話を聞きました。
by hasunuma1170 | 2005-05-26 23:19 | 観光協会関係

c0026558_2162163.jpg城端観光協会の健名さんからの情報で金沢21世紀美術館で行われた「フランス:ナント市文化講演会」に心泉いなみ窪田さん、小西さんと利賀の田中議員、もちろん健名さんと一緒に行ってきました。世界にもう一つの「ナント市」があったとはビックリで、興味津々で話を聞いてきました。
当市文化担当助役「ヤニック・ガン氏」が、「ナント市の文化政策ー都市再生への挑戦」というタイトルで、歴史文化遺産の再活性化と芸術創造を二本の柱とする画期的な文化政策を進め、並行して、全市内を最新の市街電車網で結ぶ都市構造改革に取り組み、深刻な不況と人口減にあえいでいたナント市を10年間で、フランス国内はもちろん欧州きっての快適な文化都市として蘇らせた。という文化遺産、芸術については共通する内容でした。
講演の後、名刺交換をさせていただき、他にもナント市があることを認識してもらいました。
是非一度何らかの機会を設け、交流したいものです。c0026558_2142860.jpg
by hasunuma1170 | 2005-04-27 16:44 | 観光協会関係