2006年 01月 19日 ( 1 )

議会東京研修1日目

議員全員による東京研修がありました。
1日目の今日は、河野洋平衆議院議長講演会、南砺市出身の吉崎情報通信研究機構総務部長によるIT研修会、南砺市出身中央官庁職員等懇談会(南砺市同郷会)と盛りだくさんの内容でした。
c0026558_1803949.jpg
議員研修の前に、昨年の東京研修で講師をお願いした有村治子文部科学大臣政務官の所へ表敬訪問を行い、少しの時間でしたが教育一般の話をすることが出来ました。(写真はその時の様子です)

c0026558_1811710.jpg

         その後、自民党本部で行われた河野洋平議長の講演会を聞きました。
印象的だったのは「世論と国益」の話です。
「世論はその時その時の時代を反映するが未来の事は語らない。ところが国益は未来のことを考えながら進めなくてはならない。世論に流されることなく次代をしっかり捉えなくては国益は生まれて来ない」という内容でした。
なるほど世論ばかり、人の話ばかりを気にすることなく、しっかりとした信念が必要だなあと話を聞いて思いました。

ホテルにチェックイン後、IT研修会、同郷懇談会と続きました。
懇談会では綿貫、河合先生をはじめ、南砺市ゆかりの中川義雄参議院議員や野上浩太郎先生も駆けつけていただき、井波出身の竹下陽子さん(農水省)、徳成彰彦さん(文部科学省)も加わって、郷土の話や霞ヶ関の話など話題豊富な1時間半でした。
c0026558_1817059.jpg

by hasunuma1170 | 2006-01-19 17:28