太子伝観光祭:踊り町流し委員会

早いもので、井波の夏の風物詩「太子伝観光祭」まであと2週間余りとなりました。
今晩はその中のメインの一つ「踊り町流し委員会」があり、今年の内容について検討しました。

2年前に復活した「木遣り踊り」が太子伝会ナイター絵解き初日の25日に奉納踊りを行う関係で、婦人会中心の「木彫り音頭町流し」もそれに併せていただき、当日婦人会約200名、木遣りの会約100名、高瀬千音加礼踊り約20名による踊り町流しや奉納踊りが本町通り、瑞泉寺境内を中心に繰り広げられます。

今年は南砺市社協の「障害者社会参加促進事業」の一環として、井波太子伝観光祭で浴衣を着て木彫り音頭を踊ろうという素晴らしい企画が、入ることになりました。今のところ約10名の障害者の方と10数名のボランティアの方が参加する予定です。楽しんでいってもらいたいものですね。
by hasunuma1170 | 2006-07-05 23:25 | 観光協会関係