観光協会総会

c0026558_23445933.jpg平成17年度の井波観光協会定期総会がありました。
新体制になって1年、イベント部会、PR部会、町づくり部会の3部会が出来、それぞれで井波の観光について真剣に討議を重ね、ようやく行政から離れ一本立ちできるスタイルになってきたと思っていました。
ところが、今日の来賓挨拶の中で、嶋議長より、瑞泉寺と高瀬神社が一体となった取り組みがなされていないと指摘を受け、外からの見方不足を痛感しました。
これからはもっと広域的なものの見方が要求されます。他の観光協会と連携を図り、全体的、一体的な活動が必要だと思いました。
また、引き続きの講演で、講師の井口中学校「竹部俊恵」先生から、「井波は寺内町として栄えたこと。古い形を堂々と残して欲しいこと。」等、話を聞きました。
by hasunuma1170 | 2005-05-26 23:19 | 観光協会関係